スポーツ活動中のケガ

─ スポーツ活動中のケガ ─

京都 山科 椥辻 にのみや整骨院 です。

スポーツ活動中のケガは、種目別では、アメリカンフットボール、ラクビー、柔道などのコンタクトスポーツや格闘技で多くみられます。

陸上、水泳などではケガの発生頻度は低いので、一般に広く健康維持などの目的にも行われています。

スポーツにおいてのケガは、一度の大きな外力による『スポーツ外傷』と、使い過ぎからのオーバーユースによる『スポーツ障害』に分けられます。

骨格の形成上の問題からアライメント不良がある場合は、比較的小さな外力でもケガをおこします。

スポーツ外傷・障害は手術後の不十分なリハビリテーションにより、受傷前のレベルに患部が回復していない場合、再受傷する事があります。

スポーツを再開する時期をあやまらないように注意が必要です。

治療についてのご相談はお気軽にご連絡下さい。

交通事故(自賠責保険・任意保険)、どうぞご相談下さい。

℡  075-582-8881

No Comments Yet.

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.